「インターネットセミナー」と「講演会セミナー」のご案内


***********************************************************************

《 インターネットセミナーのご案内 》

  インターネットセミナーでは、実際の講演会セミナーの資料を提供するとともに音声ガイダンス付 きの資料を併せて提供をしておりますので、ご自由に参加してください。


 インタネットセミナー目次 =
   目次の項番のタイトル☞をクリックすると、セミナーの資料ページに移行します。

1.遺言作成について知っておきたいこと
   ◆  統計資料から見た高齢化と遺言作成状況
   ◆  遺言の基礎知識
   ◆  遺言書を作成した方がよい場合とは
   ◆  自筆遺言証書の記載内容不備による問題事例 
   ◆  「自筆証書証書」と「公正証書遺言」
   ◆  遺言執行者の指定
   ◆  遺言と遺留分との関係
   ◆  自筆遺言証書の作成事例
   ◆ 遺言者の思いが伝わる遺言書を作成するためには
   ◆ 自筆証書遺言保管申請の手続きについて

2.成年後見制度について知っておきたいこと☞
   ◆ 統計資料から見た成年後見制度
   ◆ 成年後見制度の基礎知識
   ◆ 法定後見の申立て手続き
   ◆ 被後見人を支援する「後見制度支援信託」及び「後見制度支援預金」とは
   ◆ 任意後見制度の手続き
   ◆ 成年後見制度の課題と状況に応じた選択肢


3.相続について知っておきたいこと☞
   ◆ 2025年問題について
   ◆ 統計資料から見た相続
   ◆ 相続に関する15の疑問
   ◆ 遺産分割について
   ◆ 遺産分割協議書の作成
   ◆(参考)配偶者の相続等に関する民法改正
   ◆  生命保険金と相続
    Ⅰ  生命保険の死亡保険金は相続財産に含まれるか
    Ⅱ 生命保険金の「民法」と「税法」の扱いの違い
    Ⅲ 生命保険契約形態によって異なる「相続税」「贈与税」「所得税」
   ◆  相続人が亡くなっている場合の相続手続き
    Ⅰ 被相続人が亡くなる前に相続人が既に死亡していた場合
    Ⅱ 被相続人が亡くなった後に相続人が死亡した場合 ☞資料照会
   ◆ 「相続放棄」以外の選択肢としての「相続分の放棄」や「相続分の譲渡」
   ◆ 事例で見る法定相続人の相続順位と相続分
    ◆ 法定相続情報証明制度の手続とその活用
    ◆ 相続財産の対象となる不動産の調査等について
   ◆ 相続財産の種類・評価と財産目録の作成について

4.家族信託について知っておきたいこと☞
   ◆ 家族信託の基礎知識
   ◆ 家族信託の検討から実行まで
   ◆  【事例1】 高齢者の財産保護
   ◆  【事例2】 親亡き後の問題
   ◆  【事例3】 遺言による信託
   ◆  【事例4】家族信託における委託者の地位の相続とは
   ◆ 【事例5】 事業承継-後継者の育成
   ◆  【事例6】 財産管理に不安のある元配偶者 への 離婚給付

5.民法改正(相続編)について知っておきたいこと
   ◆  主な改正内容
   ◆  残された配偶者の生活への配慮の観点から
   ◆ 遺言の利用促進、相続の紛争を防止する観点から
   ◆ 不公平感の是正や、曖昧ないし不十分な規定の明確化の観点から

6.贈与について知っておきたいこと☞
   ◆ まずは民法の条文で確認
   ◆  相続と遺贈の違い
   ◆  贈与契約の作成について
   ◆  贈与に係る税金について

 


 

****************************************************************************************************

《 訪問セミナーのご案内 》

◆ 訪問セミナーの実施ご要望について ◆
 
  セミナーは事前予約により、お客様の設定する会場へ訪問する形式で行います。
  開催条件は以下のとおりです。

  ① 講演料は、無償とします。
  ② セミナーの内容は、遺言、相続、成年後見制、家族信託業務を対象に依頼に応じて選定・組み
    合わせすることとします。講演時間は、基本は1時間半程度ですが、要望に応じて、調整させて
    いただきます。(原則3人以上の聴講をお願いします。)
  ③ 開催場所は、依頼者側で準備願います。
  ④ セミナーの方式は当方でプロジエクターを利用して実施します。資料はご要望に応じ提供します
    ので、お客様側で必要部数をご用意願います。
  ⑤ セミナーの依頼は、原則2週間以上前の予約とします。
    予約はメールか電話でお願いします。
    TEL:0898-35-1022/090-5147-2489  E-mail:m.tsugamura@tsugaoffice.jp
  ⑥ その他ご要望に応じ内容・時間などを調整することとします。



************************************************************************
      インターネットセミナーの開催 
************************************************************************

 

1.遺言書作成について知っておきたいこと

 統計資料から見た高齢化と遺言作成状況 PDF資料照 ☞PPT音声解説版

   1.高齢者の人口推移(1970~2019)
   2.百歳以上の高齢者人口推移(1970~2019)
   3.日本における認知症の人の将来推計(2012~2060)  
   4.公正証書の作成件数(H21~H30)
   5.家庭裁判所での遺言書の検認事件数(H21~H30)
   6.遺産分割事件の価格別の調停件数の意外性(H27)
 
 遺言の基礎知識 ☞PDF資料照会 ☞PPT音声解説版
   1.遺言の目的と留意事項
    (1)「遺言の本当の目的」とは
    (2)「遺言能力があること」とは
    (3)「遺言の方式」とは
    (4)「遺言執行者」はなぜ必要か
    (5)「遺留分侵害額の請求」とは

 遺言書を作成した方がよい場合とは ☞PDF資料照会 ☞PPT音声解説版   
   1.遺言者自身の要望(意志)をかなえたい場合
   2.親族間のトラブルを避けたい場合
   3.自分の遺産が少ない場合
   4.相続人が多い場合

 自筆遺言証書の記載内容不備による問題事例 ☞資料照会  ☞PPT音声解説版   
   1.「住所で不動産を特定した場合」の問題点
   2.「建物を記載しなかった場合」の問題点
   3.「託す」とか「管理させる」と書いてしまった場合の問題点
   4.「普通預金だけ書いて定期預金に触れなかった場合」の問題点
   5.「遺贈する」と書いてしまった場合の問題点
   6.「お世話になった人に不動産を遺贈したが遺言執行者の指定がない場合」の問題点    
   7.「遺言書に記載なき財産についての相続指定」の必要性
  
 「自筆証書証書」と「公正証書遺言」 ☞資料照会 ☞PPT音声解説

   1.「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の特徴
   2.「自筆遺言証書」と「公正証書遺言」の比較

 遺言執行者の指定 ☞資料照会   ☞PPT音声解説
   1.家庭裁判所に遺言執行者を選任してもらう場合
   2.「遺言執行者の仕事」とは

 遺言と遺留分との関係 ☞資料照会   ☞PPT音声解説

   1.「遺留分」とは
   2.「遺留分の割合」とは
   3.遺留分を侵害する遺言はどうなるのか?

 自筆遺言証書の作成事例 ☞資料照会   ☞PPT音声解説
   1.相談内容
   2.家族構成
   3.高田さんの相続財産(生前贈与の扱い)
   4.高田さんが考えている遺言による相続分(妻に多く残したい)
   5.遺言書作成例(相続分の少ない相続人への配慮)

◆ 遺言者の思いが伝わる遺言書を作成するためには 資料提供☞  ☞PPT音声解説
   1.民法の規定以外に遺言書を作成する上で大切なこと
   2.予備的遺言
    (1)予備的遺言の事例
    (2)予備的遺言を改定おいた方がよい場合
   3.遺言の付言事項
    (1)付言事項作成の要点
    (2)付言事項の事例

◆ 自筆証書遺言保管申請の手続きについて 資料提供☞ ☞PPT音声解説追加
  *基礎知識は、民法改正編の「自筆証書遺言保管申請の手続きについて」参照☞
   1.自筆証書遺言の保管申請手続のイメージ
   2.相続開始後相続人の遺言書の閲覧・写し交付交付請求のイメージ 
   3.遺言者の手続(生前)
   4.不動産相続にかかる費用



2.成年後見制度について知っておきたいこと 

◆ 統計資料から見た成年後見制度 ☞資料照会   ☞PPT音声解説

  1.高齢者の人口推移(1970~2019)
  2.日本における認知症の人の将来推計(2012~2060)
  3.成年後見制度の利用者数の推移(H25~H29)
  4.申立ての動機について(H30.1~12)
  5.本人と後見人との関係(親族と専門職)割合(H21~H30)
  6.後見人の不正事案の件数の推移(H24~H29)
  7.家庭裁判所の鑑定割合の推移(H20~H29)
  8.鑑定費用(H30)

◆ 成年後見制度の基礎知識 ☞資料照会  PPT音声解説
  1.どのような場合に成年後見制度を利用するのでしょうか(6つの事例)
  2.成年後見制度を利用するとどうなるのでしょうか?
  3.成年後見制度の種類とは

◆ 法定後見の申立て手続き ☞資料照会   ☞PPT音声解説
  1.成年後見の申立(家庭裁判所へ)手続きの
  2.成年後見の申立てにかかる費用
  3.権利擁護に係る行政・関係機関の支援ネットワーク

◆ 被後見人を支援する「後見制度支援信託」及び「後見制度支援預金」とは ☞資料照会
  ☞PPT音声解説
  1.親族後見人選任の利用促進(最高裁判所見解)
  2.成年後見制度支援信託とは
  3.成年後見制度支援預金とは
  4.親族後見人の検討と課題

◆ 任意後見制度の手続き ☞資料照会    ☞PPT音声解説
  1.どんな場合に任意後見制度を利用するのか
  2.任意後見制度の手続き
  3.任意後見監督人の選任申立て手続き
  4.任意後見契約から契約から契約の効力発生及び任意後見人の業務開始
  5.任意後見契約の種類
  6.任意後見契約の公正証書作成費用

◆ 成年後見制度の課題と状況に応じた選択肢☞資料照会  ☞PPT音声解説
  1.認知症患者の状況と成年後見制度利用状況
  2.成年後見制度をなぜ利用しないのか
  3.その他、成年後見制度活用の留意点
  4.成年後見制度の課題を軽減するたもの選択肢

3.相続について知っておきたいこと

◆ 2025年問題について☞資料照会  ☞PPT音声解説

◆ 統計資料から見た相続☞資料照会   PPT音声解説
  1.裁判所相談件数に対する相続の相談割合(H12~H24)
  2.遺産分割事件件数の推移(H19~H28)
  3.平成24年度の相続財産の内訳
  4.被相続人数(死亡者数)と課税対象被相続人の推移(H20~H29)
  5.相続税の課税価格及び税額の推移

◆ 相続に関する基礎知識☞資料照会   ☞PPT音声解説
  1.相続の方法(民法)とは
  2.相続の承認または放棄とは
  3.代襲相続とは
  4.遺留分とは
  5.法定相続と遺留分
  6.法定相続持分の例(民法改正:土地名義未登記の場合など)

◆ 相続に関する15の疑問☞資料照会   ☞PPT音声解説
  1.法律で定められた相続人とその順位とは?
  2.内縁の妻は相続できますか?
  3.相続できる子は?
  4.おなかの子どもは相続できますか?
  5.内縁の妻との間にできた子どもは相続できますか?
  6.夫と息子が交通事故で同時に死亡しました。夫の財産は誰に?
  7.夫とむすこが交通事故にあい、夫が死亡して1分後に息子が死亡しました。夫の財産は?
  8.妻と子ども2人が相続人のとき、夫が死亡したときの相続分は?
  9.子供がいない家庭で、実父母が健在の場合、夫が死亡した時の相続人は?相続分は?
  10.子どもがいない家庭で、父母が既に死亡している場合、夫の死亡後の妻と兄弟姉妹(3人)
    の相続分は?
  11.弟が異母兄弟の場合は?
  12.代襲相続とは?
  13.長男Aが被相続人である父甲より先に死んでいる時の相続は?
  14.父の債務を相続したくない
  15.遺留分とは?

◆ 遺産分割について☞資料照会      ☞PPT音声解説
  1.相続人が複数いる場合の遺産分割
  2.相続発生後のスケジュールの目安と必要な手続き

◆ 遺産分割協議書の作成☞資料照会    ☞PPT音声解説
  1.事前調査(基礎調査)とは
  2.遺産分割協議書の作成する内容とは
  3.遺産分割協議書完成後の必要な各種手続とは
  4.遺産分割協議書の作成事例

◆(参考)配偶者の相続等に関する民法改正☞資料照会  ☞PPT音声解説
  1.居住不動産贈与による配偶者持戻し免除の推定【903条4項】
  2.配偶居住権【第1028条】
  3.配偶者短期居住権【1037条】
  4.特別の寄与【1050条】


 生命保険金と相続

  1 生命保険の死亡保険金は相続財産に含まれるか ☞資料照会 ☞PPT音声解説
     1.「生命保険」契約形態の当事者
    2.死亡保険金が相続財産に含まれない場合
    3.死亡保険金が相続財産に含まれる場合
    《参考》判例:死亡保険金が相続財産としての「特別受益」に該当するのか

  2 生命保険金の「民法」と「税法」の扱いの違い ☞資料照会 ☞PPT音声解説
     1.相続放棄と生命保険金
    2.税法上の「みなし相続財産」とは
    《参考》相続放棄しても受け取れる財産

  

  3 生命保険契約形態によって異なる「相続税」「贈与税」「所得税」☞資料照会
    ☞PPT音声解説
     1.「生命保険」契約当事者の特徴
    2.契約形態によって異なる税金

 相続人が亡くなっている場合の相続手続き 

  Ⅰ 被相続人が亡くなる前に相続人が既に死亡していた場合 ☞資料照会 ☞PPT音声解説
    1.被相続人の「孫」「ひ孫」等の直系卑属が代襲相続人場合
     2.被相続人の「甥・姪」が代襲相続人となる場合
     3.代襲相続の相続関係説明図

  Ⅱ 被相続人が亡くなった後に相続人が死亡した場合 ☞資料照会 ☞PPT音声解説
     1.遺産分割協議の成立後に相続人が死亡した場合
    2.遺産分割協議の成立前に相続人が死亡した場合
    3.数次相続の遺産分割協議書作成と相続関係説明図

  相続放棄」以外の選択肢としての「相続分の放棄」や「相続分の譲渡」 ☞資料照会
  ☞PPT音声解説
     1.「相続放棄」以外の選択肢としての「相続分の放棄」及び「相続分の譲渡」とは
    2.「相続放棄」と「相続分の放棄」及び「相続分の譲渡」の活用
    3.その他の手続き

◆ 事例で見る法定相続人の相続順位と相続分 ☞資料照会  ☞PPT音声解説
    1.法定相続人とその相続順位及び相続分の解説
    2.配偶者と子供がいる場合
    3.先妻との間に子供がいる場合
    4.被相続人より先に子供が死亡しており、その子に孫がいる場合(代襲相続)
    5.被相続人が亡くなった後に相続人が死亡した場合(数次相続)
    6.被相続人に子供がいない場合で、父母が健在な場合

    7.被相続人に子供も父母いない場合で兄弟姉がいる場合
    7-1.被相続人に子供も父母いない場合で異母兄弟姉妹がいる場合
    8.相続人フローチャート

◆ 法定相続情報証明制度の手続とその活用 ☞資料照会  PPT音声解説 ☞
   1.法定相続情報証明制度とは
   2.「法定相続情報証明制度」はなぜ導入されたのか
   3.法定相続情報証明制度活用の比較
   4.遺産名義変更(預貯金解約)手続き必要書類
   5.法定相続情報証明制度の手続き
   6.法定相続情報一覧図の認証の申し出方法
   7.申出書の記入例
   8.法定相続人が配偶者と子供3人の場合
   9.法定相続人が配偶者と子供・孫の場合(代襲相続)
   10.再婚相手の子供(連れ子)を養子縁組した場合
   11.数次相続の場合
   12.法定相続情報が使えないケース
   13.法定相続情報一覧図の写しのイメージ
   14.法定相続情報証明制度の活用



◆ 相続財産の対象となる不動産の調査等について ☞資料照会  PPT音声解説☞

    1.相続不動産の調査方法と法改正による便利な制度の新設
    2.不動産相続をする場合に必要な書類     
    3.相続登記の義務化に関する法律改正
    4.不動産相続にかかる費用


4.家族信託について知っておきたいこと

◆ 家族信託の基礎知識 ☞資料照会    ☞PPT音声解説
  1.家族信託とは
  2.家族信託を理解する上で
  3.家族信託の仕組みとは
  4.家族信託のイメージ
  5.信託の方法とは
  6.信託契約の内容
  7.課税の関係はどうなる?
  8.相談内容に対する解決方法の検討

◆ 家族信託の検討から実行まで ☞資料照会   ☞PPT音声解説
  1.信託内容を検討する(信託設計:基本事項の決定)
  2.信託契約書を作成する(条文化)
  3.不動産の信託登記を行う
  4.銀行で信託専用口座を作成する

◆ 事例1】 高齢者の財産保護 資料照会   ☞PPT音声解説
  ★ 相談内容(要点を整理する)
  1.親族関係図を作成する
  2.現状と要望等を把握する
  3.現状と要望から課題等の検討
  4.信託関係図を作成する
  5.信託設計
  6.信託条項を個別検討し契約書を完成させる

◆ 【事例2】 親亡き後の問題 ☞資料照会   ☞PPT音声解説
  ★ 相談内容(要点を整理する)
  1.親族関係図を作成する
  2.現状と要望等を把握する
  3.現状と要望から課題等の検討
  4.信託設計
  5.信託条項を個別検討し契約書を完成させる

◆ 【事例3】 遺言による信託 ☞資料照会  ☞PPT音声解説
  ★ 相談内容(要点を整理する)
  1.親族関係図を作成する
  2.現状と要望等を把握する
  3.現状と要望から課題等の検討
  4.信託設計
  5.信託条項を個別検討し契約書を完成させる

 【事例4】家族信託における委託者の地位の相続とは  ☞資料照会    ☞PPT音声解説
  ★信託契約において、なぜ委託者の地位の相続に関して留意する必要があるのか?
  1.委託者の地位の相続に関する信託法の規定
  2.委託者の地位の承継と不動産流通税に関する規定
  3.不動産登録免許税の軽減及び不動産取得税の非課税の適用について
  4.不動産流通税軽減の適用が可能となる信託条項設定
  ★国税庁HPの「登録免許税の軽減」に関する事例紹介
  1.事実関係
  2.信託契約の概要
  3.信託関係図
  4.国税庁への事前照会の3つのケース
  5.照会者の求める見解となる理由

◆ 【事例5】 事業承継-後継者の育成 ☞資料照会  
  ☞PPT音声解説
  ★ 相談内容(要点を整理する)
  1.親族関係図を作成する
  2.事業承継方法の検討
  3.現状と課題・要望と解決策
  3.信託設計
  4.信託関係図
  5.自社株式信託と指図権者に関する留意点
  6.信託契約書の作成


◆ 【事例6】 財産管理に不安のある元配偶者への離婚給付 ☞資料照会

  ☞PPT音声解説
  ★ 相談内容(要点を整理する)
  1.現状と要望等を把握する
  2.課題の整理
  3.基本検討
  4.信託設計
  5.信託条項を個別検討し契約書を完成させる


5.民法改正(相続編)について知っておきたいこと

◆ 主な改正内容  ☞資料照会     PPT音声解説


 残された配偶者の生活への配慮の観点から
  1.配偶者居住権の新設(民1028条:2020.4.1施行) ☞資料照会

   ☞PPT音声解説

  2.婚姻期間が20年以上の夫婦間で居住用不動産の贈与等に優遇措置 ☞資料照会
    (民903条4項:2019.7.1施行)   PPT音声解説


◆ 遺言の利用促進、相続の紛争を防止する観点から
  1.自筆証書遺言の方式緩和(民968条2項:2019.1.13施行) ☞資料照会
     ☞PPT音声解説
   
  2.法務局における自筆証書遺言の保管制度の創設 ☞資料照会
     
(遺言保管法:2020.7.10施行)    ☞PPT音声解説

  3.法定相続証明制度(不登記規則:2017.5.29施行) ☞資料照会
      ☞PPT音声解説


◆ 不公平感の是正や、曖昧ないし不十分な規定の明確化の観点から
  1.特別寄与制度の創設(民1050条:2019.7.1施行) ☞資料照会
       ☞PPT音声解説

  2.預貯金の払い戻し制度の創設(民909条の2:2019.7.1施行) ☞資料照会
      ☞PPT音声解説

  3.遺留分制度の見直し(民1046条:2019.7.1施行) ☞資料照会
       ☞PPT音声解説


 

6.贈与について知っておきたいこと

《 贈与に関する基礎知識 

  ◆ まずは民法の条文で確認 ☞資料照会   ☞PPT音声解説
   1.贈与とは(民549条)
   2.贈与の効果について(民550条、551条)
   3.贈与の種類について(552条、553条、554条)

  ◆   相続と遺贈の違い ☞資料照会   ☞PPT音声解説
   1.「相続」と「遺贈」のメリット・デメリット
   2.生前贈与と遺留分について

  ◆  贈与契約の作成について ☞資料照会   ☞PPT音声解説
   1.贈与契約に記載すべき内容について
   2.贈与契約の種類と留意点について
   3.不動産の贈与と登記について

  ◆  贈与に係る税金について ☞資料照会   ☞PPT音声解説
   1.税金の区分について
     2.贈与税とは
     3.暦年課税とは
   4.相続時精算課税とは